≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

2017年05月06日

肌の老化

「肌の老化」の8割は太陽光が原因です。
日焼け止め習慣をつけましょう。
日常的に日焼け止めを使えば、3年後、5年後の肌が違ってくるのです。


春から夏にかけては日差しが強まり、紫外線量も急速に高まる時期が来ました。
ゴールデンウイークにレジャーやスポーツを楽しむ予定の人は、日焼け対策が必須です。


近語呂では紫外線だけでなく、近赤外線なども、肌にダメージを与えることが分かってきています。
肌の老化は加齢よりも、そうした太陽光線による「光老化」の影響が8割を占めているのです。


光老化について詳しい東京女子医科大学皮膚科学教室の川島眞教授に、光老化が起こるメカニズムや有効な対策などを伺いました。


「光老化」とはどんなものでしょう?
「光老化」とは、太陽光線を長期間、無防備に浴び続けることにより、皮膚にシミ、シワ、たるみなどが現れる老化現象のことで、皮膚がんが生じることもあります。


肌の老化は年齢を重ねることでも進みますが、加齢による影響は2割程度で、光老化の影響が8割を占めるといわれています。
例えば、お尻や内ももなど日光に当たる機会がほとんどない部位の皮膚には、お年寄りでもシミやシワはほとんどできないのです。
このことからも、太陽光線の影響が大きいことが分かります。


今の時期は、家庭菜園でも夏野菜の定植や、おいしいスナックエンドウの収穫、葉っぱ物の間引きなど長い間畑にいて日光にさらされます。
お肌を守ることは、美容だけでなく健康維持のためでもあるのです!






ラベル:肌の老化
posted by yasuucare at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。