≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

2017年06月14日

ヒアリ発見される

猛毒のヒアリが国内で初めて発見されました。


環境省は13日、特定外来生物で強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が、中国から神戸港に入港し尼崎市内に運ばれたコンテナの中で発見されたと発表しました。


同省によると、5月20日に中国広州市から神戸港に到着した貨物船のコンテナを同26日に尼崎市内で開けたところ、床や壁面で大量のアリの成虫や卵を発見。


コンテナを密閉し、今月1〜5日に駆除し、調べた結果、9日にヒアリと分かったのです。

 
ヒアリは体長2・5〜6ミリメートル程度で赤茶色、腹部はやや黒っぽい。
攻撃性が高く、強い毒を持っており、刺されると、体質によっては呼吸困難などを伴う急性アレルギー反応「アナフィラキシーショック」を起こす危険性があるといいます。


何とも恐ろしいことで、家庭菜園をする人たちはみな土に接します。
万が一ヒアリが潜んでいたのなら、噛みつかれたり刺されたりする可能性が高いでしょう。


国際化が進み様々な国と接触する機会ぐ増えた結果、多くの外来生物が日本にもやってきました。


話題のアリゲーターガーや赤いタニシなどもそうでしょう。
セイタカアワダチソウは最近話題に上りませんが、強い雑草もたくさん入ってきています。
何とか無事に共生していきたいのですが、猛毒を持つヒアリなどは御免です。
ラベル:ヒアリ
posted by yasuucare at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。