≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

2017年05月24日

セキチク

セキチクは撫子の仲間だと思うのですが、昔の撫子とは違って随分と可憐な立派な花が咲くようになりました。


野のすみや畔にも見られた花だと思いますが、今の園芸種はどんどんと立派になって庭一面を覆うまでになるのです。


そして、結構きれいなんですね・・。


P1000526.JPG
ラベル:セキチク
posted by yasuucare at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

スターチス

今年のスターチスはやや花が遅い感じですが、鮮やかな色で目を楽しませてくれます。


プランターに植えておけば大きな株にはなりませんが毎日見られる利点もあります。
一方、畑で作れば根もしっかりと入るので大株になり、切り花やドライフラワーにもなります。


やはり、ある程度の株を作らねばなりませんが、うまく発芽させるには何回も移植する手間をかけてお皿に播いておくのがベストだと思います。


P1000514.JPG


P1000511.JPG
ラベル:スターチス
posted by yasuucare at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

変わり種ゼラニウム

変わり種ゼラニウムをネットで購入しました。


ゼラニウムは普通一重か二重の花で、管理をするには二重の方が花びらが落ちにくいので良いと思います。


また、二重の方が花も大きく立派になるので見栄えもいいと思います。


しかし、たまには浮気もしたいもので、アイビー系統のゼラニウムにも捨てがたいものがあります。


アイビーでなくても、この花のように星形というかスター形式の花が咲くものもあり、結構かわいいのです。
ただ、たくさんは要りません。


ゼラニウムを色々と揃えてみるのも楽しみの一つでしょうか。


P1000509.JPG
posted by yasuucare at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

ぺラルゴニウム

今年はゼラニウムもぺラルゴニウムも元気なスタートを切りました。
ぺラルゴニウムも毎年結構寒さにやられるのですが、比較的被害が軽かったようです。


ぺラルゴニウムの場合は花数がとても多く、長い間次々に咲いて更新していくので見飽きません。


ただ、どっちかと言えばゼラニウムの方が好きですが・・。


P1000505.JPG


posted by yasuucare at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キンギョソウ

今年はキンギョソウがとても見事に咲いてくれました。


昨年プランターに作ったキンギョソウからこぼれた種で芽が出たキンギョソウもそれなりに咲いてくれています。
プランターのキンギョソウは、風にそよぐとゆらゆら揺れてとてもかわいいものです。


余り風が強いと折れてしまいそうな感じです。
また、畑にもたくさん植えていますが、そちらも壮観です。


春先の庭や畑の花は良いものです!

P1000504.JPG


P1000512.JPG


P1000507.JPG
ラベル:キンギョソウ
posted by yasuucare at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビオラ

ビオラだと思っていなかったのだけど、やはりビオラのようでした。
この黄色い花なんですが、どこで買ったかもよく覚えていなくて、ほかのビオラともまるっきり感じが違うのです。


ビオラは切り戻しをすればまた楽しめるというので、少し遅めですが花が終わり気味になってきたら挑戦してみようと思います。


うまくやれば7月ぐらいまで楽しめるとか・・。

P1000489.JPG
ラベル:ビオラ
posted by yasuucare at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ゼラニウムの季節

ゼラニウムの季節がやってきました。


水揚げがよくなり鉢の土がよく乾燥するようになるとゼラニウムも元気いっぱいに咲き誇ります。


ゼラニウムの場合は新陳代謝がとても盛んですので、枯れた葉っぱや花を取ってやらないと病気になりかねません。


また、いっぱい作っていると少し虫も来ます。
ふつうは害虫にも強い花なんですけど・・。


P1000490.JPG

P1000491.JPG

P1000492.JPG
ラベル:ゼラニウム
posted by yasuucare at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デモルフォセカ

デモルフォセカは早春から夏にかけて庭にまぶしいばかりに咲いてくれます。
特に白色のデモルフォセカですので、余計にまぶしく輝く感じです。


アフリカキンセンカとも言い、黄色のキンセンカ的な花が咲きますが、てっきり菊の仲間だと思っていました。


どちらかと言えばマーガレットに近い感じなのですが、よーくよく見ればやはりキンセンカの仲間のようです・・。


P1000493.JPG
posted by yasuucare at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

ツルニチニチソウが元気

ツルニチニチソウが春先には元気になります。


葉は斑入りとそうでないのとありますが、どちらも冬でも寒さに強くグランドカバーとしても最適です。


管理は特に何もする必要はありません。
鉢なら水やりを忘れない程度で、肥料も忘れたころに年に2回ほどで十分でしょう。


P1000494.JPG


P1000495.JPG
posted by yasuucare at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

シロヤマブキと実

シロヤマブキが咲きました。


ヤマブキなので実ができないと思っていたら黒い実が出来ました。
これはどうもおかしいぞということで調べたら、シロヤマブキはヤマブキではないようで・・。


図鑑によればシロヤマブキは、花弁が4枚で葉は対生につきます。
まさにそうでした。


一方、シロバナヤマブキは、花弁が5枚、葉は互生で実は褐色のようです。
まあ、学者ではないので、分類はともかくです。
見てきれいだなと感激し、白いヤマブキがあるということで満足です!


P1000487.JPG


P1000488.JPG
ラベル:シロヤマブキ
posted by yasuucare at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。