≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

2017年03月03日

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタもひっそりと咲いていく。


ヒマラヤユキノシタの花ことばは、秘めた感情とか深い愛情、忍耐だそうである。
ヒマラヤの山中でじっと耐えているのだろうか・・。


日本に来れば、軒の下でもじっと順応を目指しているようだ。


P1000486.JPG
posted by yasuucare at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フクジュソウ

フクジュソウは目出度い花だといわれる。
確かに、鮮やかな明るい黄色の花があれば、周りを温かくしてくれそう。


ただ、光や温度にはとても敏感だ。
ちょっとでも日が陰ると、あっという間に花がしぼんでしまう感じだ。


寒い時期に咲くので、日が陰れば花も寒くなるので温度を下げないようにしているようだ。
中々工夫が凝らしてある。


幸せも、あれこれと工夫を凝らしていないとあっという間に逃げ去ってしまうのかも・・。


P1000485.JPG
ラベル:フクジュソウ
posted by yasuucare at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

ナスに大量の神経伝達物質

ナスに大量の神経伝達物質が含まれているようです。


信州大学農学部の中村浩蔵准教授は、ナスに神経伝達物質のアセチルコリンが大量に含まれていることを発見しました。


ピーマン、ニンジンなどの農産物に比べて1000倍以上含まれているといいます。
今後、機能性表示食品として登録を目指します。
 

ところで、このアセチルコリンは記憶の働きにかかわるとされる物質です。
従来、ナスにアセチルコリンが含まれていたことは知られていましたが、含有量については調査されていなかったということです。


ナスは漬物にしても焼きなすでも炊いたり煮たりしても美味しく食べられる野菜で、連作障害は心配ですが接ぎ木苗だと軽減されます。


来年の夏野菜には、もう1本多く苗を買ってたくさん収穫を目指しますか・・。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイショー なすのわさび漬けの素(30g×10袋)
価格:1080円(税込、送料別) (2016/12/30時点)


ラベル:神経伝達物質
posted by yasuucare at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

コスモス

コスモスを作るのも簡単なようでなかなか難しいのです。


種を200gぐらい植え付けるのですが、説明書には7月ぐらいの播種で良いとなっていました。


正直にそのように植えたのですが、その頃は梅雨なので気温が高くて雨が多い時期です。
しっかりと耕してから植えたつもりですが、コスモスよりも雑草の方が生育旺盛です。


あっという間に雑草に埋め尽くされ、何とか芽が出て大きくはなっているのですがひ弱なコスモスばかりでした。


それでも、10月に入ると雑草の勢いもやや薄れ、コスモスが背が高くなってきたので少しコスモス畑らしくなりました。


でも、散々な景観です。
何であっても思い通りに育てるのは難しいものです。


P1000438-2.jpg
ラベル:コスモス
posted by yasuucare at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

野菜の多様性

野菜の多様性とは何でしょう?


野菜に限らず人も動物も様々な多様性を持っています。
それには良い面と悪い面の両方があるのです。


何でもそうですが、いろいろな人がいたり種類があれば様々な方面から意見が出たり見当も出来ます。
でも皆が金太郎飴の様だったら、良い反面困ることも多いのです。


まるっきり同じ人間ばかりなら、いくら優れていても何かの病気とか障害で全滅してしまうかもしれません。
いろんな人がいるから生き延びられるのです。


野菜も同じで、F1という優れた種をまいて育てることが多いのですが、同じ病気や雑草に負けてしまう可能性が高いのです。
それでいいのでしょうか?


場合によれば全滅してしまうかもしれないのです。
そうなれば大変です。


いま市販の種は外国から入るものが多いようです。
少なくとも種屋さんも多くの種類をもっていないのです。
となれば絶滅の危機さえあるかもしれないのです。


私たち家庭菜園を楽しむ者にとっては、特別の種は不要です。
収穫が遅れたナスやピーマン、トマトでは種を取ることもできます。
熱心なマニアなら色々な作物の種を取って楽しんでいます。


商売っ気が入れば種屋さんはF1しか選択できないでしょうが、それで食べていかなくてもいい家庭菜園なら、どんなものができるかなという興味本位でも結構楽しめます。


タネを取って多様性のある作物を楽しんでみたいものです。

ラベル:野菜の多様性
posted by yasuucare at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。